野崎医院
トップページ 医院紹介 施設・設備 Q&A 交通アクセス 院長プロフィール
診療のご案内
診療時間のご案内
月、火、木、金、土    
   9:00-12:00       
 14:00-18:00      
 TEL. 0282-24-4809     
FAX. 0282-24-9417    

  外科

 ここでは主に一般外科として外来で行っている治療についてご紹介します。

 
外科治療

擦り傷(擦過傷)

  昔の様に消毒してガーゼという治療は、今ではしません。傷を綺麗に洗浄し創傷被覆材で閉鎖する方法が主流となっています。 当院では、傷の大きさ、深さ、出血の程度等の状態を判断し各種の創傷被覆材を使い分けています。

デュオアクティブ        ハイドロサイトAD
デュオアクティブ
      
ハイドロサイトAD
市販のJ&Jのキズパワーパット
と同様のもの。
      
やや深い傷に使用します。

カルトスタット        アダプティック
カルトスタット
      
アダプティック
出血の部位に使用します。
      
指の傷に使います。

  新しい創傷治療については新しい創傷治療ホームページ を参照ください。


トゲの治療

 手指に小さなトゲを刺して来られる患者さんがいますが、肉眼で治療するのは困難なことがあります。 そのようなときには、ホクロの診断で使用するのダーモスコピー(ダームライト)を使用すると簡単に摘出できます。


ダームライト
ダームライト

皮膚、皮下腫瘍治療

アクロコルドンとスキン・タッグ(皮膚のポリープ)

 30歳代以降の中年の人に多くみられる老化現象で、ねずみの手ともいわれます。治療法は、液体窒素やレーザー等ありますが、 当院では麻酔クリームで処置した後よく切れるハサミで切除しています。 切除後に、デュオアクティブで保護すると治りも早いです。 個人的には、この方法が1番綺麗に早く治ると思います。

皮膚のポリープ

有茎及び表在性の上皮病変(母斑細胞性母斑、老人性疣贅など)

 顔面に出来た有茎及び表在性の上皮病変(母斑細胞性母斑、老人性疣贅など)の場合には美容を重視し切除縫合はせず 炭酸ガスレーザーで蒸散し治療します。大きなものは局所麻酔をして治療しますが、小さなものはペンでマーキングし、 麻酔クリームを使用し治療します。

皮膚のポリープ

炭酸ガスレーザー

皮膚、皮下腫瘍

 外科の外来で1番よく見られるのがアテローマ(粉瘤)です。よく“脂肪の塊”と言われる事がありますが正確には皮脂の塊です。化膿していなければ摘出します。 化膿してしまった場合は、麻酔をし炭酸ガスレーザーで切開排膿します。メスの時と比較して、出血が極めて少ないです。

炭酸ガスレーザーの詳細については、レーザー治療のページをご参照ください。